2016年05月23日

鹿児島 日本歯周病学会

P5210124.jpg
鹿児島で行われた日本歯周病学会春季学術大会に歯科衛生士の森永、本間とともに出席してまいりました。最先端の歯周病治療の潮流を学ぶとともに、やはり基本が大切ということを実感してまいりました。インプラント治療がより一般的な選択肢となるとともに増えてきたインプラント周囲炎への対策がこれからの歯周病専門医にとって重要な課題となってくることでしょう。インプラント治療を受けるにあたっては術前の徹底的な歯周治療が必要ということは言うまでもありませんが、術後のメンテナンスをしっかり行って行けることがインプラント治療成功の鍵となるということだと思われます。


posted by なるかわ at 15:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする